社長&設計屋のよもやま話

<< 「紅葉」も終わりですかね・・ | main | 明日から「雨」なんでしょうか? >>
何て「呼名」なんでしょうか?

何て名前のキノコ こんにちは。今年も隣の庭先の「栗の木」の根元に得体の知れぬキノコが顔を出しました・・・食べられそうな気もしますが、いかんせん生える場所が「栗の木」の根元では非常に怪しい思いがします。

 毎年決まって発生するんですが今年は例年に比べるとちょっと遅いような・・・木の株の廻りにびっしり生えてまして、もし食べられるんならかなりの収量が期待できそうです・・・カサの大きさも7〜8cmくらいで中型のキノコと言えます。一見「クリタケ」に似てますけれどこの種はカサの大きさがもう少し小さかったような・・・手持ちの「図鑑」で調べても断定は出来ないので、とりあえず画像だけ撮らせてもらい記事に載っけてみました。

 試食して「難儀」になっても困るし、と言ってやはり正体は知りたいし・・・ちょっと複雑な心境です・・・

| hmkanemata | 社長 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.kanematak.com/trackback/996109
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ